[PR] 消費者金融

2007年12月16日

At A Radio Show in November

Top Shelf Radio Gerard from My Chemical Romance
11月の終わりのインタビュー。
このページで現時点で上から3番目。MP3でダウンロードして
聞けます。

アル中だったことがあるけれど、そういった
過去の映像を見てどう思う?1分46秒〜2分24秒

Gerard: Actually, it doesn't bother me. In a weird way,
I don't know if this is unhealthy but, I get a little bit
of nostalgic for it. I never wanna be that way again.
But then there were some pretty awful nights.
I had some really rough times, but there were some
things I still find pretty funny.
I wasn't a type of guy like jump into grass windows
and being jerk to anybody. Yeah, I was pretty happy drunk.
It just really ultimately took its toll on me, though.

〜〜続きを読む〜〜
posted by ケイトリン at 01:06| Comment(7) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

Right Now, The Eyeliner Is Gone

Fall Out BoyのPeteのインタビューです。
ttp://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=16699161
Listen Nowで5分33秒のインタビュー。内容が書かれています。

おまけでExtended Interviewが聴けて、ダウンロードもできます。
Extended Interviewのほうが面白い。17分くらいあるんですが、

@Thnks fr th mmrsの「He tasted like you only sweeter」
の部分の歌詞が某映画の台詞からの引用

AFall Out Boy以外のアートやビジネスについて

Bモールで思いついたインターネットのドメイン名を取得した

CPanic!at the discoについてどう思っているのか

Dデザインする服やビジネスについて

E自分のイメージについて、自分が思うことと他人が思うこと
の違い

などが語られています。

finally. - Photo Hosted at FriendsOrEnemies
このフードパーカーお洒落。dknyjeansとclandestineのコラボ
だそうで、自分サイズがやっとできたとのこと。
着心地がすごくよくて、これ着ると昼寝したくなるそう。

久しぶりに見たPeteのBuzznet面白い写真が沢山ありました(笑)
posted by ケイトリン at 21:16| Comment(8) | Fall Out Boy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

The Higher Quality

The Higherの来日インタビューはこちら

彼らの欲しいクリスマスプレゼントは・・・?

thehigher.jpg

彼らのマイスペでも紹介されてますが、
ttp://www.absolutepunk.net/showthread.php?t=272488
からThe Higherのライブ6曲(mp3)
ダウンロードできるんです。無料です!!
Now available for streaming and downloadのdownloadを
クリック。Megauploadがわかりやすいかも。
ボーカルSethの曲の始めのMCがカワイイ。
これ無料でいいの?っていうクオリティですよ!!
この6曲+Insurance?でライブの予習はバッチリだと思ってました。
ごめんなさいwでもCDもちゃんと買いましたんでっ。
このライブを聞くと、CDは綺麗にまとまりすぎに感じて
しまう。The Higherはライブが良いね〜!!

Myspace - The Higher

TOM君のマイスペの写真が可愛い!自己紹介文も変わったね!
ラベル:The Higher
posted by ケイトリン at 22:08| Comment(4) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

Frank On The Edge

ニュージーランドのラジオ局のインタビューに答えたFrank

Part1

Interviewer: Are you coming to New Zealand? Are you with the band?

Frank: I am, actually. Yes. Unfortunately, the last time we came
to New Zealand, I was sick. And I left on tour my grandmother
passed away, so I had to leave early.

Interviewer: Is the whole band coming? Is Mikey coming?

Frank: Mikey is coming, however, Bob is not.
On this tour, Tucker from Thursday is coming out to play.

「ツアーに出て帰ってきたら、スーツケースを空にする?」
「出て帰ってきても、すぐにまた出かけなきゃいけなくなるよ」と
フランク。

ツアーに何を持って行っている?の流れでオンラインゲームとか
やるの?に対して

Frank: I don't, but anybody else does. Mikey, I don't think
I've ever seen him put down a game console ever.
Interviewer: Was he playing Halo or something or the rest
of the world?
Frank: No, actually, he was on his DS. He plays a lot
of role-playing games. I don't know what he is playing right
now. You gotta ask him.

ジャスティン・ティンバーレイクがニュージーランドツアー中に
ヘリコプターを使ったらしいけどMCRも使う?

とか

非常識なファンに対してどう接する?
など

Part2はファンからの質問。

今Utubeで流れている曲はリリースされる?
ボブの調子はどう?

一番最後の質問何を言っているのかわからなかった(笑)
ジェラルドの結婚式はどうだったの?だった。
急だったんだねー。

フランクはこのインタビューでも飾らない人柄がでているというか
感じが良い。おばあちゃんが亡くなったそうでご冥福をお祈りします。

posted by ケイトリン at 23:21| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

Gerard Talks



NMEのインタビューPart 2
何がインパクトあるって髪型です。どうやったらあーなるのか。
寝起きのまんまなのか!?そこが一番知りたい。
一番最後の質問、15歳のころの自分が今の自分をどう思うか?
と聞いていると思うんですが(←質問がでてこない)
良いこと言う。
posted by ケイトリン at 23:03| Comment(4) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

Interview With The King

さて、The Higherのライブから約一週間経ちました。
来日時にいくつかFM局にゲストで出ていたThe Higher。
勤労感謝の日にSethとTomがJWAVEのYOUGAKU-KINGDOM
にでていたのを録音していました。これがね、面白かったんです。

<マジで女の子好きなのねぴかぴか(新しい)

っていうのが前面にでてて(笑)

まずこの番組の担当のDJというか、キングダムだけに王様が
いらっしゃる。以前マイケミ関係で
この番組聴いたことあったよ、と思い出す。
王は帰国子女であらせられるので、英語で彼らに質問し彼らからの
答えなどはすぐに日本語に訳される。(王がその場その場で
訳すので若干答えの訳しもらしとかあるw)

いくつかの内容をピックアップ

Tom: I was actually here when I was 3 years old. But I don't
remember too much of that.
I Have a family here, so my family wanted to come and
I guess I hung out in Tokyo.
トム君は「3歳の時に日本に来たことがあるけれど、
そのことをよく覚えていない。」
「家族がこちらにいるので、その家族に会いに来て、東京で
滞在したことがある。」 とのこと。

Seth: Those are the pickup lines he uses.
Tomが「トテモキレイ、カワイイネ、タノシイ?」
といった後、Sethが「これらがTomがつかう
ナンパ言葉(pickup lines)だよ」

Seth: He is gonna learn more tonight. He's got a hot date.
「今晩もっと沢山(言葉を)覚えるよ。ホットなデートがあるからね」
この部分、ツッコめそうな話題を王様訳し忘れ?Tom君のその晩の
ホットなデートのことはスルーにw

日本の観客はどうだった?
Seth: You know, we didn't know really what to expect and
when we got here, the only thing caught me off guard was
that how quiet they are between songs. That's the only
difference really from America. But the energy, man, it's
unbelievable. The kids here just bring the energy and
it's awesome. Felt like a huge party that night.
これ、私もまったくSethと同じこと思っていました。
曲の間は一気に無音。きゃーとかほとんど聞こえなかった気が。
でも、曲がはじまると一気にヒートアップ。
この無駄のなさって素晴らしい!!

バンドは高校ではじめ、Tomとは8歳から知り合い。
Seth: We started the band in high school. Me and Tom
actually met in elementary school. I've known him since
when I was about eight years old. So, we've known
each other about 15 years.

高校時代バンドやっててモテた?
Seth: You know, high school was easy for us to get girls,
but once we started to using our talents a lot more,
showing them off, it became 10 times easier.
・・・・だそうです(笑)

Tom:What is that? "Come to my room?"
王様がデートの終わりに使える言葉として、「コンヤ トマル?」
という言葉を教えてあげて「それどういう意味なの?
僕の部屋に来る?」Sethも"hahaha."
と言っているしこのTomの言葉いい感じと思いきや、
王様は"Close. You wanna spend a night?"
って、王様は直球勝負w
二人は「コンヤ トマル?」を繰り返す(笑)

Seth:Thanks for the offer.
「コンヤ トマル?」と言った王様に、最後
「誘ってくれてありがとう(泊まりませんがというニュアンス含む)」
気の利いた切り返しをするSethでしたw
ラベル:The Higher seth Tom
posted by ケイトリン at 22:13| Comment(4) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

Autograph Signings

The Higher サイン会に参加

ライブが終わりサイン会のため階段に並ぶ。番号が若い
順にちゃんと各階ごとに番号60番〜80番はこちらなど
とコピーされたものが貼られていたのに、自分の順番より
20番くらい早く(もしくは遅く)並んでいた人が多いこと。
係りの人がしきりに「○○番の番号を持ってる人〜」と
階段を下りたり上ったり。みんな階段に張られた番号の
コピーは見てなかった?

そしてしばし・・・待つ。
もたれかかった後ろの壁が冷たくて気持ち良く
また熱がぶりかえしてきた?
早く始まらないかなーーーー?
と、何も考えないでボーっと並んで数十分
列が動きはじめる。
動きはじめたら早いっ。階段からサインをもらった
人たちがぽつぽつ降りてくる。
色紙を手にしている人も。
色紙!!!思いつかなかったーー。
ぜんぜんCDのブックレットより良い。。

手際よく数名づつライブ会場入り口付近にいるメンバー
たちのもとへ通される。
入り口より順に Tom Reggie Doug Seth Faceと並ぶ。

Tomに"Hi, Tom. How are you doin'?"と言いつつ
ブックレットを見せる。私の名前をローマ字で書いて
ポストイットでCDのケースに貼り付けているのを見せつつ。
名前を言いつつサインしてくれる(良いアイデアです。主催者さん)
"Are you tired?"と聞くと"Not Really, なんちゃら〜”
もうこの時点で頭が真っ白w
でもTomが途中から目を見て話してくれなかったのがちと
残念(他のメンバーはちゃんと終始目をみて話してくれました)

次は、Reggie。"I liked the sound of your guitar.
That was Gibson, right?"というと、"Yeah. I really
love the sound." サイン会場に通され、Reggieと最初に
目が合った!握手もして一番暖かな感じがしました。
うーん、レスポールって言わなかったのに通じたのは
彼が気が利いていたからなのか!?ホンワカした良い感じの人。
完全ノーマークの人でしたが一気にファンになりました。

次はDoug。
全然ライブで姿を見ることができなかったので
なにも言うことができなかったー。サインをかいてもらうのみ。
頭の中で「SethがいるーSethがいるーSethがいるー」
とこだましてました。。

次はSeth
あの特徴的な可愛い声で私の名前を見て読んでくれて
「可愛いぃ」と思いつつ、今日のショーは素晴らしかった、
あなたの声は素敵です、とか言ったと思う(うろ覚え)
流れでハグ〜。ウレシスギ♪
あ、イカンイカン "I brought you something."
と持ってきた小袋を渡すと"Oh~, thank you."と言われつつ
またハグ〜。え、また?ラッキー!!と思いつつ
今度は手の神経をSethの背中に集中っ
全然肉がついてない。細っっ。

最後Face
もうSethでお腹いっぱいな私。頭は真っ白。
"You're Reggie, right?" ありえないこと!!を
口走ってしまう。"I'm FACE."といった彼の顔は
すごい寂しそうでした。ごめん。ホントごめんなさいー。
もう恥ずかしすぎで"I'm sorry."を繰り返す(笑)
イケメンと評判の彼の顔を直視できませんでした。
|出口| λ....トボトボ

メンバー皆、顔小さかった。より一層ファンになりました。
みんな感じよく(感じ悪いのは私です、、ハイ)
流れ作業的な雰囲気かと思いきや普通に一つ二つ
質問や話ができるとは。
前日風邪がひどく、翌日なんて無理って思ってましたが。
自分の体の回復力の底力も実感。

昨日の訪問者数いつもの倍でした。The Higher メジャーに
なることを祈ってます。とりあえず次のCDも絶対買います。
posted by ケイトリン at 00:26| Comment(12) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

The Higher Live at Shibuya Quattro 11/20/07(後編)

何曲か歌った後、Akonの"Don't Matter" を歌う。
Oh, Oh, Oh, Oh〜♪
のところで観客に歌わせようとするSeth。
この曲、元曲のコーラスで「佐○急便〜」に聞こえる
部分アリ。

インシンクの"Bye Bye Bye"のほうがよりもりあがってた。
ナイスなロックアレンジバージョンでした。

曲が進むにつれギブソンのレスポールっぽい音が聞こえたので
人の頭の横から左を見るとレジーが黒のギブソンを地味に
(失礼)弾いていた。しばらくしてまた見ても所定の位置を
離れてなかった。

Histrionicsでは手拍子がちゃんと鳴りひびき、
Dareではピースフルな空気が取り巻いた。

最後のInsurance?では「この曲知ってる?踊れる曲だよ。
知らないのならこんな感じ」
踊るというより激しいロックバージョンになってました
ドラムの音が大きすぎるくらいに(笑)
でもより一番の盛り上がりでした。後方も。

全体を通してバンドがかなりの音量なのにそれに負けてないSeth。
かなり動いていてもほとんど乱れないボーカルは、あまり
声は太くないのにすごいなと思いました。
居たのは後ろの方だったんですが、全体的に音が良く聞こえて
よかったです。

最後に不意をついたSethのダイヴ。突然前触れもなく
いきなり観客に飛びこんだ。飛び込まれたほう、
女の子も多かったみたいで、若干下敷きになった人もいたそうで。
Sethがなかなか浮上してこなかったので「大丈夫なのかな?」
と思っていると、
しばらくして関係者にステージに上げられてました?
やっぱり阿吽の呼吸がないと、飛ぶほうも受け止めるほうも
痛い目みるよーと遠目に思いライブ終了。
めちゃカッコよかったー。って声があちらこちらで。
うんうん、カッコよかったー。

以上、携帯電話に打ち込んだメモを参考にw

サイン会のことはまた明日に・・・
ラベル:live The Higher Quattro
posted by ケイトリン at 20:37| Comment(2) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Higher Live at Shibuya Quattro 11/20/07(前編)

The Higherのライブから帰って参りました。
地図を持ってなかったので若干不安だったクアトロ
への道でしたが、すんなり到着7時半入場。
サイン会の受付。丁度、サイン会の人数の半分くらいの
番号。荷物をコインロッカーに・・・だめ。一杯。
荷物と脱いだ上着を片手に、音の聞こえるライブ会場5階へ。
バーの近くに陣取る。前の女の子、そのボンボンのついた
帽子すごい邪魔で前が見づらいんだけどーー、と
気にしているうちに前座のひとたち(Rediscover)が
「あと2曲でThe Higherだよ〜」って
それはいいからサクッとやっちゃって下さい。
前座なのに5〜6曲?やってましたね。なかなか良かったです。

しばしのブレイク。場所移動(トイレとか?)する人多い。

The Higher登場。音デカっ。でもSethのボーカル負けてない。
しっかり歌ってます。って、一曲目なんだったか忘れた。
2曲目はWeapons Wiredこの曲好きですよー。
TomがMCで「今日ここに従兄弟が二人来てくれてます」
NL1992さん、TOMカッコよかったですよー。
このへんで気づいたのですが、ステージに向かって
2本の柱がありますよね。私はその左の柱後方だったので
ベースのFaceとドラムのDougが死角(これが後の悲劇にw)
二人の姿がまったくみえませんでした。
Tomが「これ終わったらHang outしたいひとー。
パーティーしたい人ー」
Sethは「ラスベガスに行ったことある人ー」などのMCを
交えて曲は進む。

明日に続く

posted by ケイトリン at 01:00| Comment(0) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

I Got It!!

CD屋4軒目にしてThe Higher の日本盤「On Fire」をゲット〜♪
これで無事サイン会に参加できまする。

なかなか「On Fire」良いです。CDで聴くとより一層
Sethの発音のはっきりしたボーカルが際立ちます。
FOBのパトリ君のプロデュースの曲、、
私はギターと歌のシンプルなのでいいなあ。

サイン会楽しみ〜。直接サインをもらうなんて
はじめてです。上手いものが思いつかないので、CDの
ブックレットにサインをもらおうと思ってますが、
他の人どうなんだろう?

あと私緊張してミョーにテンパらなければいいんですが(汗)
風邪が治ってないので、ライブ見てる中ゲホゲホならないと
いいんですが・・・。今呼吸をすると気管支がヒューヒュー
いってる。うーん不安材料は残るw

minaoさんのところで触れられていたINROCK読んできました。
女の子好きというSeth。よ〜くわかりました(笑)
シャンプーのあとのコンディショナーって
一般常識です。常識っ。
ラベル:The Higher
posted by ケイトリン at 23:28| Comment(4) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。