[PR] 消費者金融

2008年02月29日

Gerard Interview (2/3-1)

2001年9月11日に起こったことを語るGerard
(最初〜3分09秒あたり)

Gerard(G): I was there. I was in Hoboken. It was right across.
Interviewer(I): Were you living in Hoboken?
(G): No. I was living at my parents'. But I was taking the commuter
train in. I didn't see any of the plain hit. I saw the
buildings go down, though.
(I): You did? From where?
(G): From, I say, fairly close. I mean, the train runs from Hoboken
runs to the World Trade Center. So there is two trains one
runs to on 33rd, one runs to the World Trade Center so, it's right
there is a straight shot from Hoboken terminal. I mean, so
close to the river. You are right in front of those buildings.
It was like being in a science fiction film, you know. Like a
some kind of like a disaster film. It was exactly that kind of
feeling you didn't believe it. Felt like you're in the Independent
Day or something. Made no sense. You really couldn't process it.
And for me, it was a little different. I'm kind of very empathetic
and I'm kind of con to it emotionally and stuff. So I pick up
a lot of the stuff that way. There was three hundred or four
hundred people around me. I was right to the edge. A lot of
people are maybe a little too scared to get to the edge to
the rallying. All of these people behind me, they all had
friends and families in those buildings, I didn't.
So, when that first buildings went, it was like a A-bomb
went off, just this emotion. It made you noxious.
I was more upset for the people around me than for myself.
I think one of the first thoughts went in my head was
"What does this mean?" "What does this mean for the world?"
"How does this gonna change everything?" Yeah, that was pretty
crazy, it was like total fiction. You couldn't believe what's
happening.

(I): What were they doing up there?
(G):They were sending people back home on trains for free.
They were basically shuttling people out. And I ended up
walking home that day. I got off the train and walked home.
My mom was really excited to see that I'm still alive and
I was also able to get to home so quickly. The train ride
back was also interesting. Because you were surrounded by
people like were businessman and people were just different
age, different class than me. They were like entrepreneurs
or something. And they were just talking about, I heard
people calling just like, talking having families now,
getting married and all these things. Then talking about
opposite of that. You'd see different opinions, like
guys next to you saying how he doesn't wanna raise a
kid in a world like this. And another guy saying that
he wants to get married and start his own family now, stop
running around. So, that was pretty interesting. I've become
a total people watcher. I was observing a lot that day.

Gerard(G):俺はそこに居たんだ。Hobokenにね。
まさにその目の前で。
Interviewer(I):Hobokenに住んでたの?
(G): いや住んでないよ。両親と住んでた。でも通勤
電車を使ってたんで。飛行機がぶつかったのは
見えなかった。でもビルが倒れるのは見たよ。
(I): そうなんだ。どこから見たの?
(G): かなり近い場所から。Hobokenからワールド
トレードセンターまで電車が通っているんだ。2本
電車が通っていて、一本は33rd通りまで。
もう一本はワールドトレードセンターまで。
だからHobokenのターミナル
からすぐそこって感じで。川に近い場所なんだ。
WTCのビルが目の前で。あの出来事はサイエンス・
フィクション映画みたいだった。
災害映画みたいで。目の前の出来事が信じられなくて。
映画の「インディペンデント・デイ」みたいというか。
理解不能で、頭で理解できなかったんだけど、
この出来事に対して共有観念というか気持ちが出来事に
反していたというか。いろいろ感じたよ。
自分の周りに300人、400人と人が
いたんだけど、俺はまさにその場所の一番前に居たんだ。
多くの人が怖がって、前方に行きたがってなかった。
みんな俺の後ろにいて、彼らの多くはビルのなかに
家族や友人がいたんだ。俺はそうじゃなかったんだけど。
なので、最初のビルが倒れた時、原爆が落とされたかの
ようなひどい気分になった。自分自身よりも周りの人々に
気持ちが同調していたというか。
自分の頭を駆け巡ったのは「これはどういう意味なんだ?
これは世界にどういう意味をもたらすんだ?これが
すべてを変えるのか?」まったくクレイジーだったよ。
フィクションみたいなものだったんだから。何が起こって
いるか信じられなかったんだ。

(I): まわりはどうなっていたの?
(G): 電車を無料にして人々を家に帰そうとしていたよ。
その日は電車を降りて家まで歩いて帰った。
母は無事に帰りついた俺をみてとても喜んでたよ。
まず生きていて、家まで早くたどり着いたんで。
帰りの電車では興味深いことがあった。電車には
自分と違う人々、ビジネスマンや企業家みたいな
人たちも乗っていて、「早く結婚して家族を持たなきゃ」
なんて言う人たちもいれば、逆に「こんなことが起こる
世の中で子供なんて育てられやしない」という人や、
「遊びまわるのはやめて、結婚して家庭をもたなきゃ」と
いう人もいた。興味深かったよ。人を観察する性質なんで。
その日はいろいろなものに注目してたよ。
posted by ケイトリン at 00:02| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさです!

ジェラルドのインタビューの訳
おつかれさまです!!

訳していただいてあると
かなりうれしいです☆笑

ジェラルドさんは
人間観察が
好きなようですね〜
Posted by しお at 2008年03月01日 17:09
<しおちゃん>

おひさですね〜☆

今回は、この後半が聞き取り辛いんです〜(笑)
聞き取れれば、訳は楽なんですよー。
ちょっとづつ聞いて書き取ってマス。
今度、後半をUPします。

ジェラルドはこの出来事をよく覚えてますよね
目の前で起こったことならインパクト大
ですもんねー。




Posted by ケイトリン at 2008年03月02日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。