[PR] 消費者金融

2007年09月17日

LOVE☆会津

一泊二日の会津の旅。京都に行きたかったんですが、
会津にしてよかったー。猪苗代で泊まって良かった。

泊まったリステル猪苗代の部屋にはUSENがあり、聞き放題。
浴室でシャワーを浴びながらUSENが聞ける(サイコー)
J-26では 羊の数を数えてくれる。聞いたときは「羊が137・・」
最後まで聞き届けるべきだった(笑)

hotel2.jpg
五色沼ではボートを借りて毘沙門沼探索。時間と体力を考慮して
毘沙門沼のみ。湖面がエメラルド色に光る。
この連休で駐車場は普通に混んでいたので、紅葉シーズンとなれば
混み混みが予想される。

bishamon.jpg

時間の関係で喜多方のラーメンは諦め(←結果、好判断)
会津若松市内より大内宿方面へ向かう。
芦ノ牧温泉を越えてトンネルを抜けると、いきなり車が渋滞。
大内宿への道へ車の列は続く・・・いやな予感を感じつつ、
先の「塔のへつり」へ向かう。
ここも綺麗なエメラルドブルーの水面と岩肌がゴツゴツ。
売店ではハブ(蛇)が
焼酎につけられてハブ焼酎としてボトルが何十個も・・
ハブに同情(涙)
「弟切草」が売られていてウケる。
その半分の効能って何だったっけ・・・??
薬草でしたw

そして大内宿に向かう。
国道118号から山道を入り6キロで大内宿。
自分的にはそれほど魅力じゃなかった大内宿なのでそれほどの
混雑は考えてなかった。が、118号の曲がり角からすでに
渋滞。そこそこの傾斜の山道でのろのろ。途中で諦める車
続出。前の車はミッションなのか車がブレーキを離すと、
すこし後退して発進するので、コワイ。
たった6キロなのに大内宿の駐車場(300円)についた
時は入り口から2時間少々。↓これはwikipediaの写真です↓
実際はこの写真の3〜4倍人がいた。

Ja-fukushima-ohuchijuku-1.jpg

早速、高遠そばで有名な「三澤屋」さんへ。
「すいません、1時間半待ちです」とのこと。
このお蕎麦を楽しみに、お昼ご飯はコンビニのおにぎり
一個だったので、危うく空腹でキレそうになりつつw
どこでもいいからネギのそばをと食事処をあたるが
「もう今日は終わりですー」
「もう、お客さんとるなって言われてー」
4件目くらいで入れ通された席はお店の一番前の座敷。
すぐそばでお土産を売ってる。
出された蕎麦をネギですする私は客寄せパンダ状態。
「あー、あーやってお蕎麦食べるんだー」
すいません。お腹すきすぎてたので他人の目を気にすることが
出来ず、胡坐かいて一心不乱に蕎麦をかき込んでました。


ちなみにちょっとづつネギをかじりながら、お蕎麦を食べます。
写真で見ると冗談みたいですが(笑)

negisoba.jpg

この店は急遽入った店で、裏で手打ちで蕎麦を打っているのは
見ていても、そんなに味には期待してなかったんだけれど
コシが強く、ちゃんと手打ちっぽい味でお汁も鰹節がちゃんと
利いた甘さもあるなかなか美味しい蕎麦でした。(950円)
食べた後はいきなり雨が降り出し、雨宿り。
びしょぬれになりつつ、車へ。帰途に着く。

今回は時間がなくて、予定していた喜多方、鶴ヶ城に行け
なかったので次回また猪苗代、会津若松に行きたい。
なんだかすごく福島気に入りました。お店やホテルやタクシー
の人たちもいい感じだった。
【関連する記事】
posted by ケイトリン at 23:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。