[PR] 消費者金融

2007年09月05日

The Beginning Of The End



Interviewer: So, I guess, this is kind of the beginning
of the end of the black parade.
(今<このツアーが>ブラックパレードの終わりの始まりという
気がするんだけど?)

Gerard: I think so.
I mean, we completely feel very different on
stage. So, actually, to be honest with you,
I like this better than performing the black parade.
Like what we are doing on this tour. I feel on
stage, like we're re-started.
That's a pretty incredible feeling.
(そうだね。ステージ上では完全に違うものを感じるし、
実を言うと今がブラックパレードとしてパフォーミング
してたときより良い感じがする。今、このツアーでやってることの
ほうがね。また再びスタートを切った感があるというか。
すごく調子が良いよ。)

Interviewer:Your early days, a lot of people did shit
talking about you.
(初期のころはいろいろ人からいわれてたよね?)

Gerard: Right. We got that all the time.
We still get it tremendously and I think it's cool.
I'm into it. If this band ever stops aggravating
people, I think, we're lost something.
(そうだね。いつでもそうだったよ。今でもそうだし。
かなりいろいろ言われてるけどいいと思うよ。
興味あるしね。このバンドが世間を悩ませなくなったら、
それはそれで自分達は何かを失ったと考えるよ。)
Gerard: When you write away, it would be a target,
because we were very unapologetic and very
self-expressive.
We don't wanna be anybody's friends. I mean, we
have a lot of great friends, that's cool,
because you met them through circumstance
through trials and errors and tours.
And those are the best kind of friends you make.
I still have same three best friends back home.
(詩とかを書くと、ターゲットになる。だって俺たちは
謝ろうとしないし、自己主張があるから。だれの友達にも
なろうとしない。でも、すばらしい友達は沢山居るよ。
その友達は今居る状況下で、トライアルやエラーや
ツアーを通して仲良くなったんだ。
そんな中での友達が一番良いんだよ。
故郷にもまだ自分の親友は3人いるけどね。)

Gerard: My only new friends are like guys in TBS,
Placebo and all these people on this tour, you know,
Linkin Park.
(俺の新しい友達は、Taking Back Sunday, Placeboや
Linkin Parkといった人たちなんだ)

Gerard: We are not interested in being anybody's friends.
(俺たちは、<積極的に>友達作りをしなきゃってことに
は興味ないよ)

Interviewer: So, it is a good place to be.
(じゃあ、このツアーは居心地いいんだね?)

Gerard: I think so.
(そう思うよ)

Interviewer: What do you think when you look at yourself
in a mirror now?
(今、自分を鏡で見てどう思う?)

Gerard: When I look at a mirror and I'm extremely
proud to be, still to this day, the most uncool
people I know.
(鏡に映った自分が今現在でも、自分が知っている限り
もっともカッコよくない人間に見えることが自慢だね)

Interviewer: I've read you recently engaged to, it seems

like...
(最近婚約したって何かで読んだんだけど、それって・・)

Gerard: I'm not engaged.
(婚約してないよ)

Interviewer: You're not engaged?
(婚約してないの?)

Gerard: No. That didn't work out and ...
(それは上手くいかなかった。で、、)

Interviewer: I'm sorry to hear that.
(そのことを聞いてしまってごめん)

Gerard: That's OK. Actually, 'cause it's life.
Stuff happens.
Things don't work out, but I have the most
amazing girlfriend in the world and I'm thrilled
and I feel pretty...(切れる)
(大丈夫だよ。それが人生だし。上手くはいかなかった
けど、今俺には世界でもっともすばらしいガールフレンド
がいるし、とてもワクワクしてる。そして・・・(切れる)
posted by ケイトリン at 23:04| Comment(0) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。