[PR] 消費者金融

2007年04月21日

会話を聞き取ってみた(Part 4)

2007年04月09日分のブログUtube参照
ビデオカウント(8分21秒〜5分55秒)
<インタビュアー> You've just said to me
that you're like a normal guy. But, do you still
think that because you see so many people with
this "Gang Mentality" and with this fear and
following each other and you're not.
Do you think...?

<ジェラルド> I see your point is, you are
saying I'm not normal because they are normal.
That's the normal person does. I mean,
everybody I know, that's in my life, is not like
that. It's hard to say. I don't know. I put myself
in a weird predicament here with my answers.
But, maybe I'm not normal, Maybe, then, our
fans are not normal either. Maybe, we are
exception of the rule. I always like to think
that our fans are exception of the rule.

<インタビュアー> Yeah. I think so, too. I think
I'm not normal.

<ジェラルド> Yeah. I think you're right. We're
all like, when I use the term "normal", I mean
it loosely. I mean it to say that I like a cup
of tea just like anybody else. And I like to
sitting around drinking coffee and smoke a
cigarettes just like anybody else. That's what
I mean by "normal". I don't like paint myself,
like, red paint naked run around, like. Nah, I
don't do anything like that. I think, that
is my point. I'm a little bit strange, but
I guess I'm normal in my taste. So I don't know.
Who knows...

<インタビュアー> Well, maybe something funny also.

<ジェラルド> OK.

<インタビュアー> You said "If life ain't just
a joke, then why we are laughing?" so, we
should laugh a bit, too.

<ジェラルド> Haha.

<インタビュアー> So what's the most..Nah..Wait,
Let me think, because you caught me "off-guard"
here. Well, in Auckland, you said a funny thing,
um, you said lots of motherfuckers,
motherfucking and stuff like that and then
said you have a filthy mouth and you told
audience that they don't know where your
great has been so...

<ジェラルド> Right. That was actually a moment
that I had on stage where...I was just,
sometimes, I was just completely snap out of
it to play character. I had just moments in clarity
where I actually, genuinely into the mike. I really
don't really know why occur so much and that
was all that was me.
There is a lot of stuff on stage that was
unplanned. There is a lot of things that
fitting in the songs that I do, show to show
basis. That just fit to me. I like doing them
like crying at the end of Mama, for example,
it's always gonna happen. That's funny to me.
Sometimes changed it up, but, um, yeah, I mean,
it is cursing a lot. I was like " Man, it is
cursing a lot" then I was like, I was thinking
out loud. Sometimes that happens on stage and
that was my favorite shows when I was thinking
out loud.
<インタビュアー> あなたは私に「自分は普通の男」
っていってたわよね。でも多くの人間が「ギャング
メンタリティー」で仲間が出来上がって、と考えると
あなたは「普通」じゃないんじゃ・・・?

<ジェラルド>君が言いたいこと、わかるよ。多くの
人間が「普通」だったら俺がその「普通」にあて
はまらないということだよね。でも、それが俺の
人生だったから。他の多くの人間と同じではないんだ。
うーん表現が難しい。自分が言ってる言葉と微妙に
かみ合わないかもしれないけど、ぶっちゃけ自分が
が普通じゃないのかもしれない。じゃあそうなると
マイケミのファンも普通じゃないってことだよね。
多分ファンも俺達も規定外の存在かもしれない。
いつも自分達のファンは「規定外の存在」って
考えたいなって思ってるんだ。

<インタビュアー> 私も自分がノーマル
じゃないって思うもの。

<ジェラルド> その通りだよ。自分が「普通」って
言葉を使う時ラフに使うよね。俺の言う「普通」
っていうのは、みんなと同じで紅茶を飲んだり、
ゆっくり座ってコーヒーを飲んで一服したりってする
ことを「普通」だって言ってるわけで、たとえば
自分の体を真っ赤に塗って走り回ったりなんてことは
しないってこと。それが言いたかった。まあ俺はちょっと
ヘンなところもあるけど、自分の嗜好は普通だと思う。
まあ、実際のとこ誰もわからないかもしれないけどね。

<インタビュアー> じゃあ、ここで面白いものでも。

<ジェラルド> いいよ。

<インタビュアー> 「"If life ain't just
a joke, then why we are laughing?"」(Dead!より)
っていうことだしね。笑いも必要よね。

<ジェラルド>ハハハ

<インタビュアー> では、、、えっとちょっと待って
急に呼び止めてくれたインタビューだから・・・。
では。ニュージーランドのオークランドであなたは
面白いことを言ってた。マザーファッカーや
マザーファッキン〜とかそんな感じ。で、そのあと
観客に自分は口が悪いのでとか言ったとか・・?

<ジェラルド> そう。そんなこともあった。ステージに
上がると時々キャラクター(ペイシェント)に
なりきっちゃうことがあるんだ。ホント感情がなりきる
ってことがよくある。ステージは予期せぬことがいつでも
起こる。いろんなライブをするうち曲の中でも
ぴったりくるっていう感覚がよくあるね。たとえば
MAMAの曲のおわりで泣いてしまうとか、いつもなんだ。
面白いよね。たまに変化することもあるけど、
何かに憑かれているって感じで。「ちょっ、何かに
憑かれてるよ〜」って。自分が良いライブだって
思ってる時によく起こるんだよね。

ぴかぴか(新しい)インタビュアーのお姉さん「Dead!」の歌詞をスラっと
だしてくるなんてさすがー。(Dead!の最後のほう)
リアルなファンということが伝わってきます。リアルなファン
だけに「このインタビューは受けた甲斐があった?」という
問いかけに「ん、何がって?」とジェラルドが答えて
プチ怒り(笑) それは次回ですぴかぴか(新しい)
posted by ケイトリン at 01:02| Comment(0) | 聞き取り練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。