[PR] 消費者金融

2008年03月24日

Hello And Good Bye

かわいいCut Both Waysをご覧のみなさんへかわいい

いつもこのCut Both Waysをご覧くださいまして、ありがとう
ございます。
突然なのですが、本日をもちましてこちらのブログの更新を
終了させていただきます。

MCRを中心に更新していたこのブログですが、彼らに
関する情報が少なくなってきつつあり、また心機一転
新しい内容のブログにしたいとの思いがあり、
終了させていただくことにしました。
ご了承くださいm(__)m

今までありがとうございました〜♪


これまでのエントリーは4月上旬くらいまで残しておきます。
ラベル:終了
posted by ケイトリン at 22:57| Comment(45) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

Finally!!

嬉しいです〜!昨晩MySpaceで某アーティストから
コメントとメッセージが返ってきました(涙)
その流れは、、、

良いタイミングで彼らがオンライン。
コメントをつけてフレンドリクエスト。
ほどなくフレンド承認を受ける。それと同時に
長めの文章で近況などが書かれたメッセージが
送られてくる(コピペだと思われ)
彼らのMySpaceへ行きThank you commentをフレンドコメントに残す。
これが残したメッセージ
Thanks for the add and the message! You guys have a nice
break and good luck on your new material. I'm looking
forward to listening to your next album. Can't wait!

そうしたら、私のページにこのフレンドコメントが
書き込まれていました!!
hey,
thankyou, hopefully we will visit Japan soon!
take care
Mark
xxx
フレリクの際に送ったメッセージに
「日本に来てくださいね〜!」と書いていたので。

う、嬉しいと思い彼に駄目もとでメッセージを送る。
Dear Mark, thanks for the message.

Thank you for the comment on my page!
I cannot believe you wrote me back :)
The first album (アルバム名),
to me, it seemed like black and white
toned record. Will the second album
follow the steps of the first one?
表題ではmessageなのに本文ではcomment。
ちょっとボケですが、問題なしです(笑)
これは私的ポイントなんですが、相手に返信を
願いたいので最後は疑問形で。

返信キター。
RE: Dear Mark, thanks for the message.

no problem, I expect the next album to be fairly
differnt in ways, but still sound like (バンド名),
its in early stages so lets see what happens
take care
Mark
x

ま、そりゃそうだ。製作のためにスタジオ入ってまもないのに、
次のアルバムどうなのって言われても、、、って感じでしょうが
わざわざ返信してくれて感謝です。

マークってどの人だったっけ?最近彼らのCD聴いてない
なあと思いつつ、CDケースを開けてみたら。。中身がナイ。
何故か関係ないDVDのファイルケースに入ってた。
CDのブックレットにも書いてないのでググッて解決(笑)

すいませんバンドはMarkがいるバンドということでかわいい
ラベル:myspace
posted by ケイトリン at 00:09| Comment(2) | MySpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

I'm totally into...

Myspace.
むーさんより「ゲームのヒントはマイスペースの会員ならばわかります♪」
とのことだったので、会員になりました。
今すっかりハマっています。メッセ友に感謝。(笑)

登録後数日はよくフレンズ・リクエスト(フレリク)が来て、
「嬉しいなぁ〜♪」とバシバシ承認してたんですが、
良く考えると、フレリクしてきてくれても相手に興味がない
ということに気づいて、今度はバシバシフレリクされた相手を
削除。フレリクを送ってくる相手の80%は国内外とわず
売り出し中のアーティストさん達。中にはシツコイ人たちも
いて、とある日本のインディーズバンドは拒否したあとも
三回くらいリクエストを送ってきてた。

マイスペといえば、音楽ということで興味のある
アーティストにフレリク。
気づいたのが、有名な人になるとフレリクを自動で
承認しているんだなぁということ。ちなみに
私がフレリクしたアーティスト2組、待てど暮らせど
フレンド容認してくれないので、キャンセルにしようかなぁー
と思ってたら容認してくれました。(遅いゾー)
そして、アーティスト(かバンド関係者)がオンライン
になっていた時にメッセージを送りましたが、
今だ誰からも反応なしです。(笑)

アーティストは反応なしですが、「きれいな写真だねって
言いたくて。じゃあまた」と最初にメッセージを
くれた人とメッセ友に。彼は朝、私は寝る前。
メッセージ⇔メッセージ こういう使い方もできるんですね。
IMよりもちょっと時間差があるので良い感じ。

アーティストさん達からもメッセージの返事が欲しい(笑)

ラベル:myspace
posted by ケイトリン at 22:46| Comment(8) | MySpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

Gerard Interview (2/3-Part2)

他者との隔たりを感じ、自己表現への道筋
(今までで一番難しかったです。あまり自信ないのですが。。)

(5分50秒〜8分42秒あたり)
Gerard(G):The feeling that I got, growing up in that area.
Did you kind of had these kind of moments where you're in a
environment, even in high school anywhere else, we
realize why I am completely built differently than every
single person I'm around. From kids bulling other kids,
I watch kids bully other kids, it was about force, aggression
and dominance. And I was like, " Why am I not like that?
Why am I not prompt the conflict, like all these other
kids I'm around? Why am I not prompt the violence?
Why am I not prompt to act out? What is violence like?
Why do I realize, it's so wrong? And why does it make me
noxious? Why I wanna create things, instead of destroy them? "
All around me was kids just wanted other kids just destroy
something. If some kid got a new bike, another kid take
it and destroy it. I've never understood that.

The same thing, that's interesting. We play something
like a Reading Festival and I'd get hit with a golf ball
or a bottle of piss and I would be like, " Wow, why
am I not be like that guy? " (laugh) You know.
What makes me different? Why do I just create something really
special basically give it to the world? And the other people
are just so... They just hate them self so much that they
want to act out in aggression against something, you know.
Something I stand for just really. That's the kind of response
this band's suppose to get. It was a wake up call in the
regard that we had had for the response for a long time.
When the band had started, we had get physical threats,
you know.

Because it was flamboyant and it was unapologetic. That's this
band is. So, it has been a long time, a lot of award shows later,
and a lot of magazine interviews later where it was like " Wow,
I forgot what I felt like to be the outcast. To represent every
kid in the crowd that didn't really fit in at all."

この部分のインタビュアーの言っている言葉がわからないんですが、
ジェラルドの言葉から推測すると、「では、どのようにモチベーション
を保っているの?」ではないかと。。

It was exaggerating and extremely challenging.
There is nothing like that to humble you more or let
you know that there is still something to fight for or
the world wants what it wants.
You can't change the world. You can't fight the world.
The world is always going to win based off what it wants.
But it also makes you to realize that sometimes,
minority out there are that's extremely aggressive.
When in fact playing for the majority which is A. really
enjoying what you're doing and B. very peaceful people so.


〜〜訳はこちら〜〜
posted by ケイトリン at 22:20| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。