[PR] 消費者金融

2008年02月13日

Frank&Mikey Interview(2/2)

Part1の続き

忘れないうちに面白いクモの話をしたいんだけど
というマイキー。
クモは怖いけど、ある晩NJのホラーコンベンション
(ホラーの大会(集会))に行ったとき飲みすぎて、
おもわずクモを購入したそう。

(0分19秒〜0分45秒)
Mikey: And I brought it to the diner, right after the convention.
And put it on the table.
Frank: What did you do with it? What did you do with it?
Mikey: I gave it to Alicia's brother.
Frank: That was a really funny story you wanna...Hahaha!!
Mikey: It's a scary story.
Interviewer: How much does it cost?
Mikey: Thirty bucks.

「クモを買って、レストランに持ってってテーブルに乗っけてた。」
「それをどうしたの?」というフランク。「アリシアの兄にあげた」
「っていうか、それが言ってた面白い話なのかよ〜(笑)」とフランク。
「怖い話なんだけど(笑)」とマイキー。「それはいくらだったの?」
「30ドルだよ」

そして、ホラーとかのファンなの?という話から、ファンといえば
Comic Booksも好き、プロレスも好きという話になり、インタビュアーも
「俺も大好き」ということになり、しばらくプロレスの話で
盛り上がる。
(1分54秒〜2分10秒)
Mikey: I actively go to conventions to meet 80's wrestlers.
Interviewer: Oh,really? Who are you into?
Mikey: Dude, I met Roddy Piper. Nicholai Volkoff, big time.
He big time me. I went, " Hey, what's up, man? I'm like a huge
fan. He didn't even look at me. And he half shook my hand.

「俺は80年代に活躍したレスラー達が集まる大会(集会)に行って
レスラーに会うんだ」マイキー。
「誰のファンなの?」「Roddy Piperに会ったよ。Nicholai Volkoff
もね。Nicholai Volkoffは感じ悪かったよ。俺が『調子はどう?
あなたのの大ファンです』って声をかけたのに、こっちを見ようとも
しなかった。握手も中途半端だったし。」

(2分34秒〜2分48秒)
Mikey: What happened is, there is this steroid. Boom.
So now, mysteriously wrestlers are dying in their sleep
in hotel room of heart failure. I don't know...
I don't think its connected.
「何が起こってるって、ステロイドがあるよね。
最近、謎なことにレスラー達がホテルで寝てる間に心不全で
亡くなってるよね。わかんないけど、、、
ステロイドとそれって関係ないと思うよ」みんな、笑。

(2分50秒〜3分50秒あたり)
ニュージャージーの地元のレスラーの話題でしばし盛り上がる。

(4分00秒〜4分13秒あたり)
インタビュアーは、ハッスルマニアに出ていたThe Rock(プロレスラー)
の後方で、インタビュアー名前のボードをもっていたファンが
テレビに映ったのを見て「カッコいいことしてくれるね!」と
思ったそう。

(4分13秒〜4分20秒あたり)
「何か今までに凄いなって印象に残っていることってある?」

(4分20秒〜6分45秒あたり)
Frank: Yeah. Jeez. We get to experience so many amazing things.
Growing up, we never thought we would never get to do, different
people get to meet or (?)
You know the little things like meeting the people you look up to
for years, they're in bands or just people that are in the industry
you look at but don't know what to say and they come up to you
and say " Hey, I really like your record, this and that." And
you get to almost call these people " Friends." You meet them
so much. And there is also, I mean, it's the most amazing thing is,
you write your songs in your basement and little by little after
maybe a year they see the light on the record, you play them live
in the country you never thought you could even go to or even
be able to spell the name of, and you go there and these kids
are don't really speak English singing along with you and after the
show, they come up to you and tell you that " The song meant
a lot to me." That blows your mind. That's something I never
thought I would get to experience. Those aren't little things.
Those are the biggest things, ever. That would ever happened to us.
That's the kind of stuff that really blows your mind.

フランクは「俺達はいろいろなすばらしい経験をしているよ。
絶対そんなことはありえないと思ったことを経験したり、いろいろな
人たちに会ったり。例えば、何年も憧れている存在のバンドの人たち
や業界に居る人たちなど、絶対に会えるはずがないと思っている人たちが
近づいてきてくれて『君達のレコード気に入ってるよ』って言って
くれたりする。そして、そんな中で何度も会ううち彼らのことを
『友人』と呼べるようになることもある。
もう一つは、これは一番すごいなって思うことなんだけど、
地下室で曲を書いて、それが少し後、一年後くらいにレコードになる
んだけど、その曲を生涯行くことができないと思ってた国とか、
名前の綴り方さえわからなかったような国でライブで演奏して、
その国の英語を話さないキッズ達が一緒に歌ってくれて、ライブの
後に会いに来て『あの曲は自分にとって意味のある曲です』なんて
言ってくれる。それってすごく心を動かされるね。
そんなことを経験できるなんて思いもしなかった。ぜんぜん小さなこと
じゃなく、自分達にとってかけがいのないものだよ。

Mikey: Mine's are little shallow. So, you guys are familiar
with comic books, right? Alright, the Green Goblin made My
Chemical Romance reference in a marble comic.
Frank: NO!
Mikey: So anyway, the Green Goblin runs this team. They are villains
but there are good guys... Anyway, somebody was complaining and
Norman Osborne who is the Green Goblin ...He goes " Oh, is this
where you suppose to break into the chorus of I'm not OK?"
The Green Goblin! Drop a song reference!? It blew my mind!
I threw the comic across the room.
Interviewer: You didn't know until you read...?
Mikey: NO! I read comic books 'cause I'm a dork! I started
calling everybody. I called John (Cavella?).
Frank: You didn't call me.
Mikey: Oh, I forgot.

フランクの素敵なコメントのあと、言い辛そうに
「俺のは浅いことなんだけど(笑)」とマイキー。
「みんなコミックのことを知ってるんだよね?いい?
Green Goblinがマーブル・コミックのなかでMy Chemical Romance
のことについて触れたんだ!」
「Green Goblinはチームをもっていて悪人なんだけど、その中にも
良いヤツはいて、、誰かが不平を言うんだけど、そしたらGreen Goblin
が『この場面をI'm not OKの曲に入れるとこなのか!?』ってね。
Green Goblinが、だよ!俺達の曲のことを言うなんて!
びっくりした!!コミックを放り投げたよ。」
「それを読むまでしらなかったの(インタビュアー)」
「知らなかったよ。俺、バカだからマンガ読むんだ(笑)
みんなに電話したもんね。ジョンにも(マイキー)」
「電話こなかったんだけど・・?(フランク)」
「あ、忘れてた!!(マイキー)」



posted by ケイトリン at 22:27| Comment(5) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。