[PR] 消費者金融

2008年03月24日

Hello And Good Bye

かわいいCut Both Waysをご覧のみなさんへかわいい

いつもこのCut Both Waysをご覧くださいまして、ありがとう
ございます。
突然なのですが、本日をもちましてこちらのブログの更新を
終了させていただきます。

MCRを中心に更新していたこのブログですが、彼らに
関する情報が少なくなってきつつあり、また心機一転
新しい内容のブログにしたいとの思いがあり、
終了させていただくことにしました。
ご了承くださいm(__)m

今までありがとうございました〜♪


これまでのエントリーは4月上旬くらいまで残しておきます。
タグ:終了
posted by ケイトリン at 22:57| Comment(45) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

Finally!!

嬉しいです〜!昨晩MySpaceで某アーティストから
コメントとメッセージが返ってきました(涙)
その流れは、、、

良いタイミングで彼らがオンライン。
コメントをつけてフレンドリクエスト。
ほどなくフレンド承認を受ける。それと同時に
長めの文章で近況などが書かれたメッセージが
送られてくる(コピペだと思われ)
彼らのMySpaceへ行きThank you commentをフレンドコメントに残す。
これが残したメッセージ
Thanks for the add and the message! You guys have a nice
break and good luck on your new material. I'm looking
forward to listening to your next album. Can't wait!

そうしたら、私のページにこのフレンドコメントが
書き込まれていました!!
hey,
thankyou, hopefully we will visit Japan soon!
take care
Mark
xxx
フレリクの際に送ったメッセージに
「日本に来てくださいね〜!」と書いていたので。

う、嬉しいと思い彼に駄目もとでメッセージを送る。
Dear Mark, thanks for the message.

Thank you for the comment on my page!
I cannot believe you wrote me back :)
The first album (アルバム名),
to me, it seemed like black and white
toned record. Will the second album
follow the steps of the first one?
表題ではmessageなのに本文ではcomment。
ちょっとボケですが、問題なしです(笑)
これは私的ポイントなんですが、相手に返信を
願いたいので最後は疑問形で。

返信キター。
RE: Dear Mark, thanks for the message.

no problem, I expect the next album to be fairly
differnt in ways, but still sound like (バンド名),
its in early stages so lets see what happens
take care
Mark
x

ま、そりゃそうだ。製作のためにスタジオ入ってまもないのに、
次のアルバムどうなのって言われても、、、って感じでしょうが
わざわざ返信してくれて感謝です。

マークってどの人だったっけ?最近彼らのCD聴いてない
なあと思いつつ、CDケースを開けてみたら。。中身がナイ。
何故か関係ないDVDのファイルケースに入ってた。
CDのブックレットにも書いてないのでググッて解決(笑)

すいませんバンドはMarkがいるバンドということでかわいい
タグ:myspace
posted by ケイトリン at 00:09| Comment(2) | MySpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

I'm totally into...

Myspace.
むーさんより「ゲームのヒントはマイスペースの会員ならばわかります♪」
とのことだったので、会員になりました。
今すっかりハマっています。メッセ友に感謝。(笑)

登録後数日はよくフレンズ・リクエスト(フレリク)が来て、
「嬉しいなぁ〜♪」とバシバシ承認してたんですが、
良く考えると、フレリクしてきてくれても相手に興味がない
ということに気づいて、今度はバシバシフレリクされた相手を
削除。フレリクを送ってくる相手の80%は国内外とわず
売り出し中のアーティストさん達。中にはシツコイ人たちも
いて、とある日本のインディーズバンドは拒否したあとも
三回くらいリクエストを送ってきてた。

マイスペといえば、音楽ということで興味のある
アーティストにフレリク。
気づいたのが、有名な人になるとフレリクを自動で
承認しているんだなぁということ。ちなみに
私がフレリクしたアーティスト2組、待てど暮らせど
フレンド容認してくれないので、キャンセルにしようかなぁー
と思ってたら容認してくれました。(遅いゾー)
そして、アーティスト(かバンド関係者)がオンライン
になっていた時にメッセージを送りましたが、
今だ誰からも反応なしです。(笑)

アーティストは反応なしですが、「きれいな写真だねって
言いたくて。じゃあまた」と最初にメッセージを
くれた人とメッセ友に。彼は朝、私は寝る前。
メッセージ⇔メッセージ こういう使い方もできるんですね。
IMよりもちょっと時間差があるので良い感じ。

アーティストさん達からもメッセージの返事が欲しい(笑)

タグ:myspace
posted by ケイトリン at 22:46| Comment(8) | MySpace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

Gerard Interview (2/3-Part2)

他者との隔たりを感じ、自己表現への道筋
(今までで一番難しかったです。あまり自信ないのですが。。)

(5分50秒〜8分42秒あたり)
Gerard(G):The feeling that I got, growing up in that area.
Did you kind of had these kind of moments where you're in a
environment, even in high school anywhere else, we
realize why I am completely built differently than every
single person I'm around. From kids bulling other kids,
I watch kids bully other kids, it was about force, aggression
and dominance. And I was like, " Why am I not like that?
Why am I not prompt the conflict, like all these other
kids I'm around? Why am I not prompt the violence?
Why am I not prompt to act out? What is violence like?
Why do I realize, it's so wrong? And why does it make me
noxious? Why I wanna create things, instead of destroy them? "
All around me was kids just wanted other kids just destroy
something. If some kid got a new bike, another kid take
it and destroy it. I've never understood that.

The same thing, that's interesting. We play something
like a Reading Festival and I'd get hit with a golf ball
or a bottle of piss and I would be like, " Wow, why
am I not be like that guy? " (laugh) You know.
What makes me different? Why do I just create something really
special basically give it to the world? And the other people
are just so... They just hate them self so much that they
want to act out in aggression against something, you know.
Something I stand for just really. That's the kind of response
this band's suppose to get. It was a wake up call in the
regard that we had had for the response for a long time.
When the band had started, we had get physical threats,
you know.

Because it was flamboyant and it was unapologetic. That's this
band is. So, it has been a long time, a lot of award shows later,
and a lot of magazine interviews later where it was like " Wow,
I forgot what I felt like to be the outcast. To represent every
kid in the crowd that didn't really fit in at all."

この部分のインタビュアーの言っている言葉がわからないんですが、
ジェラルドの言葉から推測すると、「では、どのようにモチベーション
を保っているの?」ではないかと。。

It was exaggerating and extremely challenging.
There is nothing like that to humble you more or let
you know that there is still something to fight for or
the world wants what it wants.
You can't change the world. You can't fight the world.
The world is always going to win based off what it wants.
But it also makes you to realize that sometimes,
minority out there are that's extremely aggressive.
When in fact playing for the majority which is A. really
enjoying what you're doing and B. very peaceful people so.


〜〜訳はこちら〜〜
posted by ケイトリン at 22:20| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

Gerard Interview (2/3-1)

2001年9月11日に起こったことを語るGerard
(最初〜3分09秒あたり)

Gerard(G): I was there. I was in Hoboken. It was right across.
Interviewer(I): Were you living in Hoboken?
(G): No. I was living at my parents'. But I was taking the commuter
train in. I didn't see any of the plain hit. I saw the
buildings go down, though.
(I): You did? From where?
(G): From, I say, fairly close. I mean, the train runs from Hoboken
runs to the World Trade Center. So there is two trains one
runs to on 33rd, one runs to the World Trade Center so, it's right
there is a straight shot from Hoboken terminal. I mean, so
close to the river. You are right in front of those buildings.
It was like being in a science fiction film, you know. Like a
some kind of like a disaster film. It was exactly that kind of
feeling you didn't believe it. Felt like you're in the Independent
Day or something. Made no sense. You really couldn't process it.
And for me, it was a little different. I'm kind of very empathetic
and I'm kind of con to it emotionally and stuff. So I pick up
a lot of the stuff that way. There was three hundred or four
hundred people around me. I was right to the edge. A lot of
people are maybe a little too scared to get to the edge to
the rallying. All of these people behind me, they all had
friends and families in those buildings, I didn't.
So, when that first buildings went, it was like a A-bomb
went off, just this emotion. It made you noxious.
I was more upset for the people around me than for myself.
I think one of the first thoughts went in my head was
"What does this mean?" "What does this mean for the world?"
"How does this gonna change everything?" Yeah, that was pretty
crazy, it was like total fiction. You couldn't believe what's
happening.

(I): What were they doing up there?
(G):They were sending people back home on trains for free.
They were basically shuttling people out. And I ended up
walking home that day. I got off the train and walked home.
My mom was really excited to see that I'm still alive and
I was also able to get to home so quickly. The train ride
back was also interesting. Because you were surrounded by
people like were businessman and people were just different
age, different class than me. They were like entrepreneurs
or something. And they were just talking about, I heard
people calling just like, talking having families now,
getting married and all these things. Then talking about
opposite of that. You'd see different opinions, like
guys next to you saying how he doesn't wanna raise a
kid in a world like this. And another guy saying that
he wants to get married and start his own family now, stop
running around. So, that was pretty interesting. I've become
a total people watcher. I was observing a lot that day.

〜〜訳はこちら〜〜
posted by ケイトリン at 00:02| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

Fairly Surprised!

風邪ひきました。風邪薬6錠をゴクリ。今日明日は家でマッタリ
していたい。。

昨日The HigherのTom君が脱退のニュースを知る。
マイスペに本人からのコメントが。
文面から察するに、The Higherと自身の音楽性に違いが出てきた
みたいなんだけど、、、。
仲がよさそうなバンドだっただけに残念です。

今週一週間、自分自身経験したことのないことを経験して、
思い通りにいかない自分自身に腹がたったり、他人に腹が
たったり。今までの習慣が違いすぎるんだよ。

ちょっと疲れたけど、また来週から頑張ろう。そうしよう。
タグ:Tom The Higher
posted by ケイトリン at 11:57| Comment(8) | The Higher | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

Just Another Tragedy


The middle-aged lady tells us (3min.55sec.〜4min.06sec.) that
"It's a very cultural thing. If you look back in time,
We have Kamikaze Pilots who killed themselves.
Now we have in some culture, we have suicide bombers.
Here we have, where do we get the glory when the life is not going well?"
No mixed-up historical issue and the cultural thing here.
From a Japanese point of view, there is a huge difference
between "A person who attempt random shootings before killing
himself." and "A person who sacrificed himself for the country
or on his belief." In this NIU case, it seems to me that a frustrated
person took the weapons and fired them with anger to the
innocent civilians.

In WWU, Japanese Kamikaze Pilots committed suicide because
the country forced them to do so. In the letters they left
for their family show how they loved their family and didn't
want to go out there knowing they wouldn't be back.

Suicide Bombers in the middle east and the rest of the world
are either poorly educated or brainwashed from the groups of
extremists. Therefore, they give themselves gladly to
achieve "the goal."They strongly believe that they give
themselves to serve their God.

In the United States, the only way to stop those
kind of tragedy is to ban the Fire Arms. In my country, guns
are not allow to most of the people and we rarely hear
the gun related mass murders. That's not bad at all.

タグ:shootings niu
posted by ケイトリン at 09:24| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

Frank&Mikey Interview(2/2)

Part1の続き

忘れないうちに面白いクモの話をしたいんだけど
というマイキー。
クモは怖いけど、ある晩NJのホラーコンベンション
(ホラーの大会(集会))に行ったとき飲みすぎて、
おもわずクモを購入したそう。

(0分19秒〜0分45秒)
Mikey: And I brought it to the diner, right after the convention.
And put it on the table.
Frank: What did you do with it? What did you do with it?
Mikey: I gave it to Alicia's brother.
Frank: That was a really funny story you wanna...Hahaha!!
Mikey: It's a scary story.
Interviewer: How much does it cost?
Mikey: Thirty bucks.

「クモを買って、レストランに持ってってテーブルに乗っけてた。」
「それをどうしたの?」というフランク。「アリシアの兄にあげた」
「っていうか、それが言ってた面白い話なのかよ〜(笑)」とフランク。
「怖い話なんだけど(笑)」とマイキー。「それはいくらだったの?」
「30ドルだよ」

そして、ホラーとかのファンなの?という話から、ファンといえば
Comic Booksも好き、プロレスも好きという話になり、インタビュアーも
「俺も大好き」ということになり、しばらくプロレスの話で
盛り上がる。
(1分54秒〜2分10秒)
Mikey: I actively go to conventions to meet 80's wrestlers.
Interviewer: Oh,really? Who are you into?
Mikey: Dude, I met Roddy Piper. Nicholai Volkoff, big time.
He big time me. I went, " Hey, what's up, man? I'm like a huge
fan. He didn't even look at me. And he half shook my hand.

「俺は80年代に活躍したレスラー達が集まる大会(集会)に行って
レスラーに会うんだ」マイキー。
「誰のファンなの?」「Roddy Piperに会ったよ。Nicholai Volkoff
もね。Nicholai Volkoffは感じ悪かったよ。俺が『調子はどう?
あなたのの大ファンです』って声をかけたのに、こっちを見ようとも
しなかった。握手も中途半端だったし。」

(2分34秒〜2分48秒)
Mikey: What happened is, there is this steroid. Boom.
So now, mysteriously wrestlers are dying in their sleep
in hotel room of heart failure. I don't know...
I don't think its connected.
「何が起こってるって、ステロイドがあるよね。
最近、謎なことにレスラー達がホテルで寝てる間に心不全で
亡くなってるよね。わかんないけど、、、
ステロイドとそれって関係ないと思うよ」みんな、笑。

(2分50秒〜3分50秒あたり)
ニュージャージーの地元のレスラーの話題でしばし盛り上がる。

(4分00秒〜4分13秒あたり)
インタビュアーは、ハッスルマニアに出ていたThe Rock(プロレスラー)
の後方で、インタビュアー名前のボードをもっていたファンが
テレビに映ったのを見て「カッコいいことしてくれるね!」と
思ったそう。

(4分13秒〜4分20秒あたり)
「何か今までに凄いなって印象に残っていることってある?」

(4分20秒〜6分45秒あたり)
Frank: Yeah. Jeez. We get to experience so many amazing things.
Growing up, we never thought we would never get to do, different
people get to meet or (?)
You know the little things like meeting the people you look up to
for years, they're in bands or just people that are in the industry
you look at but don't know what to say and they come up to you
and say " Hey, I really like your record, this and that." And
you get to almost call these people " Friends." You meet them
so much. And there is also, I mean, it's the most amazing thing is,
you write your songs in your basement and little by little after
maybe a year they see the light on the record, you play them live
in the country you never thought you could even go to or even
be able to spell the name of, and you go there and these kids
are don't really speak English singing along with you and after the
show, they come up to you and tell you that " The song meant
a lot to me." That blows your mind. That's something I never
thought I would get to experience. Those aren't little things.
Those are the biggest things, ever. That would ever happened to us.
That's the kind of stuff that really blows your mind.

フランクは「俺達はいろいろなすばらしい経験をしているよ。
絶対そんなことはありえないと思ったことを経験したり、いろいろな
人たちに会ったり。例えば、何年も憧れている存在のバンドの人たち
や業界に居る人たちなど、絶対に会えるはずがないと思っている人たちが
近づいてきてくれて『君達のレコード気に入ってるよ』って言って
くれたりする。そして、そんな中で何度も会ううち彼らのことを
『友人』と呼べるようになることもある。
もう一つは、これは一番すごいなって思うことなんだけど、
地下室で曲を書いて、それが少し後、一年後くらいにレコードになる
んだけど、その曲を生涯行くことができないと思ってた国とか、
名前の綴り方さえわからなかったような国でライブで演奏して、
その国の英語を話さないキッズ達が一緒に歌ってくれて、ライブの
後に会いに来て『あの曲は自分にとって意味のある曲です』なんて
言ってくれる。それってすごく心を動かされるね。
そんなことを経験できるなんて思いもしなかった。ぜんぜん小さなこと
じゃなく、自分達にとってかけがいのないものだよ。

Mikey: Mine's are little shallow. So, you guys are familiar
with comic books, right? Alright, the Green Goblin made My
Chemical Romance reference in a marble comic.
Frank: NO!
Mikey: So anyway, the Green Goblin runs this team. They are villains
but there are good guys... Anyway, somebody was complaining and
Norman Osborne who is the Green Goblin ...He goes " Oh, is this
where you suppose to break into the chorus of I'm not OK?"
The Green Goblin! Drop a song reference!? It blew my mind!
I threw the comic across the room.
Interviewer: You didn't know until you read...?
Mikey: NO! I read comic books 'cause I'm a dork! I started
calling everybody. I called John (Cavella?).
Frank: You didn't call me.
Mikey: Oh, I forgot.

フランクの素敵なコメントのあと、言い辛そうに
「俺のは浅いことなんだけど(笑)」とマイキー。
「みんなコミックのことを知ってるんだよね?いい?
Green Goblinがマーブル・コミックのなかでMy Chemical Romance
のことについて触れたんだ!」
「Green Goblinはチームをもっていて悪人なんだけど、その中にも
良いヤツはいて、、誰かが不平を言うんだけど、そしたらGreen Goblin
が『この場面をI'm not OKの曲に入れるとこなのか!?』ってね。
Green Goblinが、だよ!俺達の曲のことを言うなんて!
びっくりした!!コミックを放り投げたよ。」
「それを読むまでしらなかったの(インタビュアー)」
「知らなかったよ。俺、バカだからマンガ読むんだ(笑)
みんなに電話したもんね。ジョンにも(マイキー)」
「電話こなかったんだけど・・?(フランク)」
「あ、忘れてた!!(マイキー)」



posted by ケイトリン at 22:27| Comment(5) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

Frank&Mikey Interview(1/2)

FrankとMikeyの爆笑インタビュー。二人ともリラックスしていて
10秒ごとに(笑)(笑)(笑) こんな感じです。

(1分00秒〜1分40秒)
Guilty pleasure songs on MCR set?
Mikey: ABBA. Mamma Mia.
MCRのセットで演奏したいものってある?「ABBA. Mamma Mia.」
「ジェラルドが確実に踊ってくれるよ」とマイキー。

MCR play Song 2 by Blur.
Frank: I play one note.
ステージでBlurのSong twoを演奏するけど、自分の音は一音がずっと
続くんだ(笑)

(2分00秒〜2分27秒)
Taste of Tab.
Frank: It taste like... If you took a sweet n' low, didn't
open the bag and lick the outside of the bag. That's what they
taste like.
Mikey:It's a carbonated sweet n' low.
「Tabの味は、、sweet n' lowの封を開けないで袋の外側を
なめたような味」(フランク)
バックステージにTab(炭酸飲料)が用意されていたらしいんですが、
ガンになる可能性がある成分が含まれているということで、
撤去されたそう。不味いらしい。

(3分25秒〜3分45秒)
These people look more like than you do!?

Frank: There is a lot of that. Sometimes the fans are really
get psyched about one period of time.
Mikey: Xs on the eyes!!

ライブに来る人たちの中で、「ある一時期」が特に気に入ってる人たち
がいるそうで、「目の上にXを描いてるんだよね!」(マイキー)
それってヘレナのころの時期ですよね。ライフジャケットとか着けてる。

(4分18秒〜4分34秒)
「今は自分達がそういう格好をしてないので、その時期の格好を
してライブを見に来ているファンは今の姿を見て怒ったりしないかな?
と思わないでもないんだけど、、。でも今は今の格好をしたいしネ」
(フランク)

(4分47秒〜5分00秒)
Mikey: This is what happens. Kids take things and run with them.
Like, you're probably like, " Man, you know, it's too hot here
today." And that turn into "I hate Australia."
「つまりね、ファンのキッズ達は自分達で物事を解釈しちゃうんだ(笑)」
例えば、俺が「今日ここ暑すぎるね」といったとすると、それが
「オーストラリアが嫌い」ってことになっちゃったりする(笑)

(5分05秒〜5分44秒)
Frank hates one thing in Australia.

Frank: The other night, I swear to God, we were coming out
from the venue after practicing.
And got into this van, and there was a spider, the size of that TV.
It was ridiculous. Yeah, is that 36 inches? And it was full color,
plasma screen spider.

Interviewer: OK. Have you guys been having any sort of pipely drugs
that night?
Frank: NO.NO.NO. I swear to God, it was huge. You were there.

一つだけオーストラリアで嫌いなものがあるというフランク。
「ある晩、現場で練習を終えてバンに乗ったら、あそこにある
TVくらいのクモがいたんだ。すごかったよ。どのくらいって、
36インチくらいじゃない?フルカラーでプラズマスクリーンの
クモだったよ(笑)」
「実はその晩、何かパイプ状のドラッグとかやってたんじゃないの〜?」
とインタビュアー。「やってないよ!!神に誓って、
本当にデカイクモだったんだ。お前もその場に居たじゃん
(と、マイキーに)」


そして、
オレのクモの話も聞いて!!というマイキーの後半へ続く・・

posted by ケイトリン at 23:51| Comment(2) | MCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

Just One More Time

しつこいくらいにEverybody Else (笑)

このインタビュー記事の元になったインタビューを発見。

こちらのページでダウンロードできます。
(約37分のインタビュー)
ライブのMCと印象が違うトーク。言ってることは
いたって普通なんだけど、若干アホっぽく聞こえるのは何故?

Always - Carrick Moore Gerety (Everybody Else)


この曲は前からあった曲なのね。1分25秒のとこ。余裕ですなぁー。
次回はFrankとMikeyの爆笑トークを紹介・・
posted by ケイトリン at 23:46| Comment(0) | Everybody Else | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。